Day2: Jr.君、すやすや

出産の次の日。

出産の報告をした友達が、午前中から次々とやってくる。

本当にありがたい。

お腹が空いているはずのJr.君、みんなの前で寝続ける。

3時間ぐらいいた友達もいたけれど、ずーとすやすや。

Jr.君、ほとんど目を開けることがなかった。

 

相変わらず、おっぱいは出ない。

一生懸命絞り出して、ほんのちょっとだけ。

看護師さんに相談するが、

「生後、数日の新生児はの胃袋は、マーブル程しかないから、

すぐお腹いっぱいになるから大丈夫よ」

なんて言われる。

マーブルって、1円玉よりも小さい。

M&Mチョコレート程度……。

そう言われてもねぇ。

餓死したりしないのかな?

 

午前中の遅い時間に小児科の先生がやって来る。

男の先生。

身体検査をするが、問題なさそう。

「お腹が空いているんじゃないか?」と相談する。

すると「赤ちゃんは、栄養を蓄えて生まれてくるから、3日ぐらいは何も飲まなくても大丈夫。母乳は、出なくても、飲ませることでおっぱいが刺激されて、出るようになるから、続けて」と言われる。

それでちょっと安心。

 

今日のランチは、パスタをオーダー。

まあまあだった。

友だちが持ってきてくれたご飯のほうが断然美味しかったので、そちらをいただく。

 

午後からまた、朝とは別の産婦人科の先生がやってくる。

「Jr.君、昨日は、最高に面白かったよ!聞いた?へその緒を握りしめて出てきて、離したと思ったら、ハサミを握ってさ〜」と。

相当レアなことだったらしい。

ただ、これを話したくてきた感じだった。

 

さらに、小児科の女の先生がやって来る。

白人のお姉ちゃん。

「こんにちは〜!」とやって来て、

午前中の先生と同じような感じで、Jr.君をチェック。

この先生が、強烈に面白かった。

マニキュアを塗った手で、Jr.君の口の中に手を入れてチェックしたかと思えば、

そのままの手でおむつを手際よく替え、

さらに、手を洗わずに全身を検診。

最後に「おめでとう!」と日本語で。

いくつか日本語を知ってると言っていた。

なんかすごいな。

 

入院初日は、耳のスクリーニング。

問題ないとのことで、Jr.君は、帰ってきた。

最初に妊娠の夢を見た時、「耳に問題があるけど、たくさんの幸せを運んできてくれる」と言われたので、少し耳の心配をしていたが、一安心。