Day209:国内線で大分へ

朝4時。

Jr.君が目覚めました。

ベッドの上でニコニコ、ぐるぐる。

いつもは5時台に起きるので、ちょっと早めですが、1時間程度なので問題なし!

朝6時半の飛行機に乗る予定だったので、4時に起きたのはGoodでした〜。

 

シャトルバスで空港に行き、チェックイン。

子供連れやサポートが必要な人達の優先レーンがあるんですね〜。

知りませんでした。

 

国内線では、ここでストローラーとお別れ。

ここからは、空港内で使えるベビーカーを使うことができます。

スイスイ滑って、とっても押し心地の良いベビーカー。

後から分かりましたが、スーパーやショッピングモールなどでも、このベビーカーが利用できました。

 

搭乗口近くにキッズスペースがあったので、しばらく遊んでみました。

出発ゲート内に、何ヶ所もあり、近くには子供用のジュースの自動販売機もありました。

Jr.君、思う存分、遊んでました〜。

 

さー、大分まで約1時間半。

大丈夫かな?

朝一の便なので、乗客はかなり少ない。

大丈夫かな?

 

「ぐぅわ〜ん!ぐぅわ~ん!」

 

飛行機が動き出すと同時ぐらいに泣き出すJr.君。

必死であやす私たち。

授乳してみるが……、泣きすぎて咥えられず……ダメ。

フライトアテンダントのお姉さん、本を持ってあやしに来る……ダメ。

授乳に再トライ……ダメ。

お姉さん、本を持ってやってくる……ん?ん?

泣き止んだ〜〜!

ニコニコ。

パクパク。

コテ。

 

ふう。

ふう。

 

泣いていたのは、最初の10分ぐらいで、それからはずっと寝てました〜。

 

大分に到着。

嬉しそうな顔で出迎えるみうママ。

Jr.君に初対面のみうパパ、ちょっと緊張気味。

 

家に帰る途中のサービスエリアで、ランチを食べて、弟のお店に寄ってから家へ。

今日もカラフルでかわいいケーキたちが並んでるぅ。

Jr.君が生まれる前から、「弟くんのところのケーキが食べられないと困るから、小麦粉とか卵とかのアレルギーはダメよ」と何回も何回も繰り返してたので、多分アレルギーはないはず。

 

午後は、近くのモールに行ったり、従兄弟の家に行ったりしようかと思っていましたが、

眠すぎて、3人でずっと寝てました。

 

 

夕方、涼しくなって回転寿司へ。

Jr.君のお気に入りは、お手拭きの袋。

何のお寿司が好きになるんだろ〜。

 

それからいとこの家で、同じ月に生まれたいとこの赤ちゃんと初対面。

Jr.君は、若干ぐずってたけど、いとこの赤ちゃんは、終始ニコニコ。

いとこは、8つ年下だけど、子供は3人目。

妊娠中から、色々教えてもらって助かってます〜!

 

子連れ旅ポイント

・マイレージで飛行機を予約したので、あまり融通がきかず朝一の便しか取れず、大丈夫かなと心配していましたが、時差ボケもあり、みんな早起きだったので、この便にして良かったです。

・優先チェックインカウンターがあるので、子連れの場合は、そこに行くとチェックインが早くできます。

・国内線は、バシネットのない飛行機が多いですが、1時間半ぐらいならあっという間なので、なくても大丈夫でした。

・羽田空港出発ゲート内にキッズエリアが数カ所あります。マットが敷かれていて、クッションで囲まれているので安心して遊ばせることができます。

・空港には、たくさんのベビー休憩室がありました。中には、水道と電子レンジがあり、カーテンで仕切られた授乳ブースも。椅子があったのでゆっくり授乳できました。