自然流産、1週間後。〜病院へ〜

自然流産、1週間後。
結構寒い。

午前中、病院へ。
今日は、1週間前に付き合ってくれた友達の大学生の娘さんが付き添い。
も、申し訳ない……。
ありがとう。

今日は別の女の先生。
この病院は、ほとんどが女の先生っていうのを1つの売りにしていて、
予約時に「男の先生でもOK。女医さんのみ」を選択できる。

エコーで検査。
「子宮は、ほとんど綺麗なので、麻酔をかけて手術をする必要はありません。少し、子宮の収縮が遅いようですが、問題ないです。子宮収縮剤を追加で5日分出しておきますね。今回の治療はこれで終わりです」とのこと。

良かった!

前回、子宮筋腫が2つあるとの事だったので、そのことについて聞いてみる。

「子宮筋腫の手術は、現段階ではどちらでもいいですが、手術をしたら1年は避妊する必要があるので、あなたの年を考えると、妊娠を望むなら、そちらの治療をした方がいいですよ」と。

ふむぅ。

病院が終わって、2人でランチへ。
ベッドでご飯が食べられるというレストラン。
面白すぎるぅ。

赤ちゃんを寝せておけるスペースがあるので、赤ちゃん連ればかり。
ふむふむ。
なるほど。

もし、私の状況だったら、ここにいることが耐えられない人も要るかもしれないなぁ。

私は、元々「羨ましい」という感情がなく、
人は人、自分は自分と考えているので、
この状況でも大丈夫なんだなと、
冷静に、自分の気持を分析してた。

病院後、子宮収縮剤をまた飲み始めたからなのか?
昨日より出血が多い。
あと、たまに子宮が痛い。